年金はいっぱい貰えたほうが本当にいいのか?

目安時間 7分

先日TVを見ていたら、ワイドショー番組で
4月からの年金制度改訂について放送していました。

これまでは65歳から貰える年金を
70歳まで遅らせることが出来ましたが、4月からはさらに
75歳まで遅らせることが出来るようになります。

年金は受給開始年齢を遅らせれば遅らせるだけ
貰える月額がアップします。

4月からは75歳まで受給を遅らせることが出来るようになるため
最大で84%も多く貰えます。

これについて街頭インタビューをしていたのですが
それを聞いていて私は目と耳を疑いました。

 

年金は少しでも多く貰いたいから

ある50代の男性は「少しでも多くもらいたいから75歳まで受給を
遅らせるつもり」と回答していました。

まあ考え方は人それぞれですから、
こう考える人を否定するつもりはありません。

ただ、こういう人は老後をどのように考えているのだろう
と首を傾げてしまいます。

その理由をこれから書きますね。

まず、75歳まで年金の受給を遅らせるということは
75歳までは自力で生きていくということです。

よほどの資産家ならいざしらず、
定年退職してから15年間もどうやって生活していくんですか?

ほとんどの人は再就職とか転職などをして
75歳まで働き続ける、と回答します。

人生100年時代、75歳なんてまだまだ現役世代だよ、って。

確かに現役世代と遜色なく仕事をこなす人もいるでしょう。

でも多くの人は頭や身体の老化により
定年退職以前のような仕事はこなせなくなります。

さらに60歳を超えると
雇用はしてもらえても賃金は確実に下がります。
下手をすれば現役世代の半分以下になることもありますよ。

いいんだそれでも。
私は仕事が好きだから。
仕事が趣味みたいなものだから、って。

良いでしょう。

それなら75歳まで仕事をして
普通の人の84%多い年金をもらうとしましょう。

その時あなたは自分がどうなっていると思っていますか?

 

平均寿命と健康寿命は全く違う

あなたは健康寿命という言葉をご存知でしょうか。

健康寿命とは、
他人の力を借りずに「ひとりで」生活出来る年齢です。

日本人男性の健康寿命は何歳か、ご存知ですか?

72歳です。

あなたは75歳まで
現役世代と同じように働くつもりをしていますが
大半はその手前で健康を害して働けなくなる、ということです。

これはあくまで統計上の数字ですから
全員が72歳で健康寿命が尽きるを言うことではありません。

特に働いている人は体力的にはしっかりしている人も多いので
75歳まで働き続けることは出来るかもしれない。

でもですよ。

あなたが75歳で仕事をやめて
年金をもらい始めたは良いけれど、それをどう使うんですか?

普通の人より84%も多くもらったとしても
平均的な人の健康寿命はすでに尽きていることを考えると
あなたが健康で人生を謳歌できる期間は
決して長くはないでしょう。

つまり、多くの年金をもらっても
その使いみちの殆どは介護施設の入居費用になるんですよ。

まあ、贅沢な介護施設には入れると思いますが
そのために75歳まで汗水たらして働くんですか?

TVのインタビューで答えていた人は
きっとこうした現実を知らなかったのでしょう。

それともうひとつ。

年金の受給年齢を繰り下げれば貰える額は増えますが
その手前で死んでしまった場合、貰える金額はゼロですからね。

あなたも含めすべての人は
自分が何歳まで生きられるかを知りません。

100歳まで生きるかもしれませんが
70歳で死んでしまうかもしれない。

こればかりは神のみぞ知るで、誰にもわからないことです。

だから私は60歳になったらすぐに貰い始めようと思っています。

 

前倒しして早く貰うことも出来るが額は減らされる

受給年齢を65歳よりも前倒しした場合、
その分もらえる金額が下がります。

最大60歳まで前倒しできますが
その場合に貰える額は24%減らされます。

ザックリと4分の3になるイメージですね。

え、そんなに減らされるんじゃ損でしょう、って思いますか?

でも60歳で定年退職して
すぐにもらい始めることが出来るんですよ。

普通にみんながもらう65歳までの5年間、
金額は4分の3かもしれませんが5年間ずっと貰えるんです。

その後もあなたが死ぬまで貰い続けることは出来ますが
金額はずっと普通の人が貰える額の4分の3のままですから、
65歳以降は貰える総額の差は徐々に縮んでいきます。

そして貰える総額は75歳で逆転します。

つまり75歳までは、貰える総額は
60歳からもらった場合のほうが65歳から普通に貰う場合よりも
多いんですよ。

どっちが良いか。

それは人それぞれの人生観や価値観で違うことでしょう。

私は1日でも早く貰いはじめて
減らされた分を何らかの方法で補う事を考えます。

減らされた分を補うだけなら
月額でも数万円ですから大した仕事量は必要ありません。

つまりフルタイムで働く必要はないということです。

浮いた時間を趣味に講じるもよし
新しい習い事を始めるもよし
夫婦で過ごす時間に当てるもよし。

これこそがセカンドライフの過ごし方だと思いませんか?

いつ死ぬかわからない。
いつ一人で生きていけなくなるかわからない。

だとしたら、老後の楽しい時間は
早くからスタートしたほうがいい。

私はそう考えています。

ということで、今回はこのへんで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

メルマガ誘導バナー案内文

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

応援のクリックお願いします!

西

サイト管理人

西

還暦を3年後に控え、たいして貯蓄があるわけでもないのに退職金満額支給も棒に振ってサラリーマンをリタイア。・・・って、老後どうすんの?そして年金も65歳ではなく減額されても60歳から貰います。・・・って、ホントに老後どうすんの?大丈夫、それを補って余りある稼ぎ方を知ってるので。

最近の投稿

カテゴリー