年金を65歳まで待たず60歳から貰っても1円も損しない方法

目安時間 10分
  • twitterへのtweet
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

★本記事は2022年4月より適用される内容に基づき書いています。

今回は、
年金を65歳まで待たず60歳から貰っても1円も損しない方法
について説明しますね。

 

年金の受給年齢は自分で選べる

現在、私たちは年金を65歳から受給することになっています。

しかしご存じのように、
受給年齢は60歳から75歳の間で自由に変更が出来ます。

受給年齢の65歳よりも早く貰う(繰り上げ受給)場合、
繰り上げる月数によって減額されます。

もう少し詳しく言うと、
繰り上げる月数×0.4%が減額されますから、
最大60歳まで繰り上げて受給すると
24%減額されることになります。

早くもらい始めるということは
もらえる年数、すなわち死ぬまでの年数が長くなるため
月あたりの受給額が少なくなるという理屈なんでしょう。

そりゃそうですよね、もらえる期間が長くなるんですから
金額を減らさないと65歳からもらい始める人より
トータルではいっぱいもらうことになっちゃいますからね。

逆に受給開始を遅らせる(繰り下げ受給)場合、
貰える年数が少なくなるため月あたりの受給額は
多くなります。

具体的には、
繰り下げる月数×0.7%が増額されますから
最大75歳まで繰り下げると、なんと84%も増額されるんです。

早くもらい始める代わりに月あたりの金額が少なくなるか、
もらい始める年齢を遅くして月あたりの金額を多くするか。

早く貰い始める場合の減額は月あたり0.4%
遅らせる場合の増額は月あたり0.7%と、料率に違いがあります。

 

受給年齢を早めるのと遅らせるの、どっちが得か

このように質問すると、多くの人は
受給年齢を遅らせた方が月ごとに貰える額が多いから
得なんじゃね?と思いがちですよね。

確かに90歳とか100歳まで長生き出来るなら、
受給開始年齢を遅らせた方が貰える総額は多くなります。

そのかわり、
受給を遅らせた分、そこまでの期間は
年金以外でなんとかしなければなりません。

この辺の兼ね合いをどう考えるかで
年金の受給年齢を何歳からにするかが
変わってくるわけですね。

ここでひとつ、モデルケースで考えてみましょうか。

65歳時に貰える年金の平均が約15万円ですので
15万円を基準に考えていきます。

普通に年金を65歳から貰う場合、月額15万円ですね。

これを前倒しして貰おうとすると
15万円から減額されていきます。

もしもあなたが最大前倒しして60歳から貰う場合、
基準額の15万円から24%減額されるんでしたよね。
計算すると月額11万4千円となります。

なんと、
貰える月額が3万6千円も少なくなってしまうんですね。

うわぁ、そりゃ損だわ・・・

と思うかもしれませんが、
普通の人が65歳まで待たなければ貰えないのに
減額されるとは言え60歳から貰えるんですよ?

そして65歳になってみんなが15万円もらい始めるとき
すでにあなたは5年間年金を貰い続けているんです。
その総額は684万円にもなります。

で、65歳以降にもらえる年金ですが、

65歳から年金を貰う人は毎月15万円もらえますが
あなたは65歳になっても毎月11万4千円しかもらえません。

このため徐々にもらえる金額の総額の差は縮んでいきます。
当たり前ですが毎月3万6千円ずつ差が縮んで行くわけですね。

そして75歳を過ぎたころ
貰える年金の総額が逆転します。

なんだ、やっぱり速くもらいはじめると
最終的に損なんじゃないか・・・って思いますよね普通。

 

年金は60歳からもらうべき

でもここで質問です。

あなたが75歳以降も生きている保証はありますか?

まあ生きているでしょう、最近の高齢者は元気だから。笑
たぶん85歳とか90歳くらいまでは普通に生きるでしょうね。

じゃあここでもうひとつ質問。

あなたは何歳まで老後を楽しく過ごせると思っていますか?

生きている年齢じゃないですよ、楽しめる年齢です。

老後の人生を悠々自適に楽しむためには
他人の介護などに頼ることなく、大きな病気もせずに
やりたいことを自分で出来る必要があります。

その年齢って、何歳まで?

まさか死ぬ瞬間まで楽しく過ごせるなんて
思っていませんよね?

もし思っているとしたら
あなたの頭の中は完全にお花畑ですから。

あなたは「健康寿命」という言葉をご存じでしょうか。

健康寿命とは「健康上の問題で日常生活が制限されることなく
生活できる期間」のことです。

つまり誰の助けも借りずに自分の人生を楽しめる期間、
これが健康寿命と言えます。

2016年のデータではこの健康寿命、

男性:72.14歳、女性:74.79歳

だそうです。

逆を言えば、この年齢以降は日常生活に
何らかの支障がある状態になるということです。
そうなったらもう悠々自適、ではないですよね。

あなたが男性でも女性でも、
健康寿命は75歳よりも若いんです。

それなのに年金受給を65歳まで待って、
それまではバイトとか非正規雇用で生活費を稼いで
晴れて65歳、これからは年金で悠々自適って・・・

たったの10年しかないですよ。

いいんですか、それで?

75歳まで受給を遅らせて年金の月額を増やそうとか、
もってのほかですから。

下手したら年金をもらい始める頃には
あなたはもう介護が必要な状態かもしれませんよ?

老後はあんなことして、こんなことして・・・

それは健康あってのことですからね。
そして健康な状態はあなたが思っているよりも
速く終わりが来るんです。

あとはやりたいことのほとんどが出来ず、
家族の世話になってもどかしい毎日を送ることになるんです。

それが分かっていて
年金の受給年齢を遅らせようとしているんですか?

1日でも早くもらいましょうよ、年金。

60歳になったらすぐに、
たとえ減額されたとしてももらいましょうよ年金。

残念ながら、あなたが思っているほど
セカンドライフを悠々自適に過ごせる期間は
長くないんですから。

 

減額分を他から補うという考え方

それはそうかもしれないが、でも・・・

やっぱり受給額が減ってしまうのはちょっと・・・
と思いますか?

年金が減ってしまえば
悠々自適に毎日を過ごしたくても
なかなかそうも行かなくなるのでは・・・

そんな風に考えてます?

だったら減らされる分を他から補えば良いじゃないですか。
その方法についてこれまでにもお伝えしていますよね?

それがアドセンスだって。

PCとネット回線さえあれば
在宅で取り組めて、1日の作業時間だって
せいぜい2時間程度。

あなたが定年退職までまだ数年あるなら
今やっている仕事の副業として取り組むことだって
十分に出来ますよね。

そうすれば定年退職を迎える60歳までに
繰り上げ受給で減額される分を確保することもできますよ。

こうした発想が出来るか出来ないかで
あなたの老後は大きく変わってきますよ。

セカンドライフを悠々自適に過ごしたいなら
アドセンスに取り組まないという選択をするのは
あまりに勿体ないです。

 

まとめ

今回は年金を最速で受け取りながら
減額分を補いながらセカンドライフを誰よりも長く
悠々自適に過ごす方法をお伝えしました。

アドセンスに取り組むのに
特別な資格とか難しいスキルなんて必要ありません。

必要なのはPCとネット回線とやる気。

それさえあれば、
あなたにもきっと出来る仕事です。

だって、この私に出来たんですから。

ということで、今回はこのへんで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

編集後記

うちの息子はシャワーを浴びる際、
大きな声で歌を歌います。

それが妙にヘタな歌なんですよ。

毎晩、浴室から漏れ聞こえてくる素っ頓狂な歌声に
いつまで経ってもなじめない私は
妻に言いました。

あの歌声、なんとかならないものかね。

すると妻は、
あなただって歌ってるじゃない、親子してイヤーねぇ。

え、オレも歌ってる?

そう言われてみれば確かに私も湯船に浸かりながら
鼻歌交じりに歌ってるゎ・・・

血は争えない、ということなんですかね。笑

メルマガ誘導バナー案内文

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

  • twitterへのtweet
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

応援のクリックお願いします!

西

サイト管理人

西

還暦を3年後に控え、たいして貯蓄があるわけでもないのに退職金満額支給も棒に振ってサラリーマンをリタイア。・・・って、老後どうすんの?そして年金も65歳ではなく減額されても60歳から貰います。・・・って、ホントに老後どうすんの?大丈夫、それを補って余りある稼ぎ方を知ってるので。

最近の投稿