今さら慌ててももう手遅れって、分かってる?

目安時間 15分
  • twitterへのtweet
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

今回は、老後資金に関する「普通の対策」を頑張っても
手遅れだということを肝に銘じてもらいます。

普通の対策とは
新たに副業を始めるとかのアクティブな手段を講じることなく
誰でもすぐに取り組める対策のことです。

アラフィフのあなたが今すぐにでも出来る対策には、

・公的年金を増やす
・資産を増やす
・ライフスタイルを見直す

の3つがあります。

これをひとつひとつ見ていきますね。

 

公的年金を増やす

年金ですから、基本的にはもらえる額は決まっています。

でもあなたが転職をしたことがある場合、
年金を払っていない期間があると
もらえる年金が減らされてしまいます。

どのくらい減るのか。

1ヶ月の未納があると年額で約1600円年金が減らされます。
これを月額に換算すると約130円となります。

このように、まずは本来貰える年金は満額でもらう。
そのためにすべきことがあれば確実にやりましょう。

こうした「本来もらえる金額に戻す」ということに加え
もうひとつ検討すべきは、もらえる年金を増やすこと。

その方法はとてもシンプルです。
60歳で定年退職して、年金がもらえる65歳までは
働き続けるという方法です。

定年退職しても再雇用や再就職をすれば
厚生年金に加入できるため65歳時の受給額もその分増えます。

たとえば60歳から65歳まで5年間働いて
年収150万円もらっている人なら、65歳時に
もらえる年金は年額で4万円(月額換算3300円)増えます。

そしてもうひとつ検討すべき方法として
「繰り下げ受給」があります。

これは年金を65歳ではなく
受給開始を66〜75歳に繰り下げるというもの。

仮に受給を70歳まで繰り下げた場合
もらえる年金は42%増えますからけっこう大きいです。

自営業の方など、国民年金のみの受給者の場合
年金は年額78万円ですから、これを70歳まで繰り下げれば
年額111万円となり、30万円ほど増えることになります。

年額で30万円ですから月額では25000円増えると。

・年金の未納分があれば補填する
・定年退職後も働いて厚生年金を増やす
・受給年齢を繰り下げて受給月額を増やす

これが公的年金に対してあなたが出来ることです。

以上のことをいろいろとやっても
月額で3万円程度増やすのがせいぜいということです。

ファイナンシャルプランナーに相談すると
ほとんどの人は次のように言われます。

日本人の平均寿命は80歳を軽く超えています。
60歳で現役を引退すると多くの人は老後資金不足になります。
まだまだ人生は長いんですから出来るだけ長く働きましょう。

これ、上で説明したのと言っていることは同じですよね。

言い換えれば
これ以外に年金を増やす方法がないということなんですよ。

で、ファイナンシャルプランナーはこう続けます。

 

資産を増やす

公的年金で足りない分は自分でなんとかするかありません。
50歳のあなたに出来ることはまだあります、と。

そして勧めてくるのが

・iDeCo(個人型確定拠出年金)
・つみたてNISA

のふたつです。

これらは老後に向けて個人で積み立てましょう、という商品です。

iDeCoは65歳まで積み立てできる制度で
最大の特徴は全額が所得控除対象になるという点です。

つまり積み立てた額が所得として課税されないため
その分節税出来るということです。

つみたてNISAもiDeCoと同様に節税メリットが受けられますが
加入の年齢上限がなく最長20年間、利益・分配金が非課税で
投資ができます。

どちらも銀行に貯金するよりは資産を増やすことが出来ますが
積立できる金額なんて生活費を差し引くと微々たるものでしょう。

はっきり言って「何もしないよりはマシ」程度です。

 

ライフスタイルを見直す

そしてファイナンシャルプランナーが
最後におすすめするのがこれです。

入ってくる金額が増やせない以上
出ていく金額を減らすしか無いでしょう、というものです。

そのために生活をミニマム化しましょう、と言います。

ミニマム化というと聞こえは良いですが
はっきり言えば節約生活です。

無駄遣いを極力減らしてシンプルに生きましょう、って。

維持費のかかる車なんて手放して
必要なときはレンタカーを使えば良いんです、って。

断捨離は早いうちからしたほうが良いですよ、って。

そうすれば少しはお金が余るでしょう?
それをそのまま老後資金に回せば
それだけ老後が楽になりますから、って。

挙句の果てにスーパーウルトラ一撃必殺技を提案してきます。

この際ですから老後は物価の安い地方に引っ越しましょう、と。

言っていることはいちいち正しいんですが、
それ、本当にあなたが望む老後でしょうか。

 

あなたが本当に望む老後とは

あなたがアラフィフで、現状老後資金が十分にない。

この状況の中、普通にできることは上で説明した通りです。

で、ここからが本題ですが
あなたは自分の老後をどのように過ごしたいのでしょうか。

仮にあなたが50歳だとしても
老後は10年後、もうすぐそこですよ。

60歳まで汗水たらして必死に働いて
ようやく自分だけのために生きられるはずなのに
年金は65歳までもらえない。

どうしよう、
とうことでファイナンシャルプランナーに相談すると
まだまだ老後は長いんだから働けるうちは働きましょう、
そして年金の受給はなるべく遅らせたほうが得ですよ、と言われ。

そしてそんなカツカツな老後がイヤなら
いまから節約生活を心がけましょう、無駄は悪です、って。

いやいやいやいや・・・

馬車馬のように働いてきて
漸く悠々自適な老後がすぐそこまで来ているというのに
まだ老体に鞭打って働き続けなければいけないのでしょうか。

ファイナンシャルプランナーは暗にこう言っているんです。

だってそこまでしなきゃ、
あなた生きていけないでしょうに。
あなたの老後に悠々自適の4文字は存在しませんから、ってね。

これがこれまで必死に頑張って生きてきた
あなたの望む老後なんですか?

そうです、というなら私は何も申しますまい。

どうぞご自由に
老体に鞭打って生きていってくださいまし。

でも、もしもあなたが
こんな老後は想定外!冗談じゃない!ふざけるな!
と思っているのなら、そうじゃない老後を目指しましょうよ。

 

資産化が可能で長期にわたり収益を生む仕事

60歳になったら他人からこき使われる人生に終止符を打ち
自分の自由な時間を十分に確保しながらも
幾ばくかの収入が得られる状況を作りましょうよ。

え、そんなこと出来るの?

出来ますよ、出来ますとも。

もちろん、たとえ幾ばくかであれ収入を得るわけですから
何もしないで得られるなんて甘ったれたことは
考えないでくださいね。

収入を得るわけですから、当然ですが仕事です。

ただし仕事といっても毎日通勤するとか
朝から夕方まで働き通しだとか
どこかの企業に所属するという話ではありません。

どんな仕事か。

毎日1〜2時間でOK、在宅でできます。
仕事の成果物はあなたの資産として長期間収益を生み続けます。
初期投資もほとんど必要ありません。

とまあ、こんな仕事だったら
あなたは興味がありますか?

もしも興味がないなら
ここで読むのをやめていただいて結構です。

でも興味があるなら、是非ともここから先をお読みください。

 

アドセンスで稼ぐ、という老後

その仕事とは「アドセンス」です。

アドセンスとは、世界最大のオンライン広告を扱う企業である
グーグルが提供するサービスの名称です。

その仕組を簡単に説明すると
広告を掲載したい広告主と広告を掲載して稼ぎたい媒体の
間を取り持つ、みたいな感じでしょうか。

つまり広告主は広告掲載についてグーグルと契約し
グーグルは広告を掲載して稼ぎたい媒体と契約する。

これで広告主の広告がグーグルを媒介して
媒体の広告枠に掲載されるわけです。

これにより広告が掲載されクリックされれば
広告主のサイトにアクセスが流れ商品が売れます。

そして広告を掲載した媒体は掲載料が貰える、
という仕組みです。

アドセンスで稼ぐとは、
あなたもアドセンス広告を掲載して稼ぎませんか
というものです。

あなたが自分のブログを運営し、毎日記事を投稿する。

そしてその記事にはアドセンスの広告が掲載され
その広告がクリックされて広告主のページに誘導されれば
広告に効果があった、ということで広告料が貰える・・・

アドセンス広告の掲載によるあなたの費用負担はありませんが
広告がクリックされなければ広告費は入ってきません。

そしてクリックされればされただけ広告費は増えていきます。

つまり、クリックされてナンボ
というシステムなんですね。

だからあなたのブログが多くの人の目に触れれば触れるほど
広告がクリックされる頻度が高まりますから
たくさんの記事を投稿すればするほど収益が上がっていきます。

そしてあなたの書いた記事が多くの人にとって有益な内容で、
時代に影響されずに読まれるものならば、
その記事はコンスタントに読み続けられます。

つまりあなたの記事は「あなたの資産」として
将来にわたり稼ぎ続けるわけです。

こうなってしまえば
あなたが仮に記事を書く手を止めてしまったとしても
収益は下がることなく安定的にあなたに入り続けますよね。

そのためにあなたがやることは
毎日1〜2時間、記事を書く作業だけ。

机に向かってPCを操作するだけですから
体力的に無理もありません。

アドセンスに取り組むための時間は毎日1〜2時間ですから
早起きして朝食の前に記事を書くことも十分可能ですよね。

あなたはもういい年の爺さんですから
黙っていても早起きするんでしょ?
だったらその時間で記事を書くだけで資産が作れるんです。

残りの時間はあなたが好きに使って良いんですから
こんなにラクな仕事はないと思いませんか?

この仕事の良いところは家だけでなく、
時間も場所も選ばずに記事を書けるということ。

ノートPCさえあれば、
旅行先でも行きつけの喫茶店でも
持っていって書けば良いんですよ。

旅行先でだって、どうせ早く目が覚めるんでしょ?笑
だったら早朝にホテルの部屋で記事を書けばいいんです。
なんの無理もないと思いません?

とまあ、こんな仕事ですアドセンスって。

最初のうちは気の遠くなるほど収益は少ないですよ。
月に数百円とか。笑

良いじゃないですか、数百円でも。

どうせ目が覚めてしまう朝の時間で記事を書くだけですから。

でもあなたが投稿した記事に読者が集まりだせば
徐々に収益も上がり始めます。

そしていつの間にか
月額で1万円とか2万円とか稼げるようになっていくんです。

先ほど、あなたが60歳以降も働き続けて
年金をもらう年齢を繰り下げて、生活を切り詰めて
それでも増やせるのはせいぜい3万円程度って説明しました。

でもアドセンスなら
勝手に目が冷めてしまう朝の1〜2時間を記事書きに費やすだけで
そのくらいの収益は入ってくるようになるんです。

で、記事を書く手を止めなければ
アドセンスの収益はさらに増えていきます。

現にアドセンスで月に10万円以上稼いでいる人なんて
ザラにいますから。

どっちが良いですか?

60歳以降も老体に鞭打って働いて年金を増やすか
それともお気楽にブログに記事を投稿し続けて収益を増やすか。

ということで、今回はこのへんで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

編集後記

アラフィフを過ぎたオヤジが
現段階で老後資金を準備できていない・・・

私もそうですが、
この時点で出来ることはほんの僅かに限られます。

その「僅かな出来ること」のひとつがアドセンスなんです。

この事実を目の当たりにして
あなたはどうするか、ということです。

選択肢はふたつ、
やるかやらないか。

私はやりました。
というか、今でも続けています。

その結果アドセンスで3万円の稼ぎが安定して入ってきています。

記事の投稿も最近では週に3記事程度ですが
それでも収益が下がることなく入り続けています。

私がやったことは
上で書いたとおり朝早起きして記事を投稿し続けただけです。
何も特別なことなんてしていません。

私という人間は馬鹿ではありませんが
決して他の人より優れた人間でもありません。
どこにでもいる普通の爺さんです。

それでもちゃんと稼げているんですから
あなたにだって出来るに決まっているんですよ。

だから勧めているんですが・・・でも、

別に私は、あなたがやろうがやるまいがどっちでも良いんです。

だってあなたがやらなかったからって
私の収益が下がるわけではありませんから。

だからあなたが好きに決めてください。

あくまでこれは「あなた」の選択です。
あなたが自分の老後をどうしたいのか。

それが問われているんです。

刻一刻と迫ってくる老後に
あなたがどうやって向き合うか。

この機会にもう一度、考えてみてはいかがでしょうか。

メルマガ誘導バナー案内文

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

  • twitterへのtweet
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

応援のクリックお願いします!

西

サイト管理人

西

還暦を3年後に控え、たいして貯蓄があるわけでもないのに退職金満額支給も棒に振ってサラリーマンをリタイア。・・・って、老後どうすんの?そして年金も65歳ではなく減額されても60歳から貰います。・・・って、ホントに老後どうすんの?大丈夫、それを補って余りある稼ぎ方を知ってるので。

最近の投稿