いくら記事を書いても稼げなかった日々

目安時間 8分
  • twitterへのtweet
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

アドセンスは誰でも簡単に稼げる。

そう言われて始めては見たものの
いくら記事を書いても全然稼げない。

いましっかりと稼いでいる人たちも
一度は必ずこういう状態を
経験しているものです。

だから稼げているわけですが。

さて、ではどうして
稼げない時期があるのでしょうか。

本当にアドセンスが簡単に稼げるのなら
そんな時期を経ることなく
稼げるようになっても良いのではないか。

そう思う人もいると思います。

勘違いしないでくださいね。

簡単に稼げる、イコール
何もしなくても稼げる、ではありません。

もしもあなたが
そういう稼ぎ方をしたいなら
アドセンスで稼ごうとするのは
完全に選択ミスです。

アドセンスは簡単に稼げますが
何もしなくても稼げるような類いの
仕事ではありません。

そういう仕事をお探しなら別を当たるべきです。

ネットで検索すればいくらでも出てきますよ。
スマホで1日5分作業するだけで100万円とか
登録するだけで何もしなくても毎月50万円とか。

お元気で。
ごきげんよう。
さようなら。

アドセンスは簡単ではありますが
面倒くさい仕事です。

まず簡単なのは、
自分の好きなことや趣味をブログに
書くだけでいいということ。

これなら簡単、誰にでも出来ますよね。
あなたが好きなことを書くだけですから
ネタに困ることもほとんどありません。

で、面倒くさいのは
毎日記事を書き続けなければいけないこと。

そしてそれを稼げるまで続けなければ
稼げないこと。

やることは簡単ですが
それを続けるのは面倒くさい。

それがアドセンスです。

この面倒くさい部分に耐えきれず
稼げるようになる前にやめちゃう人が
大勢います。

いわゆるアドセンスで稼げなかった人たち。

アドセンスって、
始めたばかりの頃は恐ろしいほどに
稼げません。

100記事書いても稼ぎがゼロ!
という人も珍しくありません。

200記事書いても1000円とか・・・

毎日1記事書き続けても
200記事書くのにかかる時間は200日。
半年以上かかると言うことです。

半年かけて1000円って・・・

この渋ちんな感じに耐えられなくなった人が
アドセンスなんて全然稼げないじゃん、
とか捨て台詞を言いながらやめていきます。

そしてネットに
アドセンスなんて稼げない、
とネガティブ情報をまき散らすわけです。

こういう人たちは肝心な点が
全く見えていません。

それは
人からもらったお金ではなく
自分が事業で稼いだ金だということ。

いいですか。

あなたは副業のつもりで
始めたのかも知れません。

副業だとしても
誰かに雇われてお金をもらう
そんな仕事ではありませんから。

自分でグーグルと広告掲載契約を結び
広告を掲載する媒体としての
ブログを運営していく。

それがアドセンスですから
これはれっきとした個人事業です。

事業ですから、
あなたが稼ぎに見合う成果を出さない限り
稼げるはずがないでしょう。

広告主のグーグルは
あなたのブログに広告を掲載し
それをクリックする人が増えたら
広告費を払うと言っているワケですから、

広告が多くの人の目に触れない限り
何記事書いても稼げませんよそりゃ。

これはとてもシンプルなルールです。

あなたがたった1記事書いただけでも
その記事に多くの読者が集まれば
収入が発生します。

でも500記事書いたとしても
読者が集まらなければ収入はゼロ。

もう一度言いますね。

アドセンスで稼ぐとは
あなたが事業として稼ぐということです。

ですからあなたが苦労して記事を書き続け
やっとの思いで稼いだ金額が1000円だとしても
それはあなたの事業が収益を生んだワケですから
すごいことなんですよ。

バイトで1時間働いて1000円。
同じ1000円でもその価値は全く違う。

ここに気づけた人は
稼げない時期を耐えて
稼げるようになっていけるんです。

よく質問されるのは
じゃあ何記事書けば稼げるようになる?
という質問です。

この考え方をしているうちは
稼げるようになりません。

だって事業としての発想が出来てないから。

何記事書けば稼げるか、
これは完全に雇われ発想ですよね。

例えば私が300記事書けば稼げるよ
とあなたに言ったとしましょう。

で、あなたは頑張って200記事書く。

でも全然稼げない・・・

するとあなたはどう思います?
私が嘘をついたと思いませんか?

300記事書けば稼げるって言ったじゃん、
嘘つき!

これって時給1000円あげるといわれて
1時間働いて全然もらえなかった、
嘘つき!といっているのと同じですよね。

完全に雇われ発想なんですよ。

あなたが質問すべきは
何記事書けば稼げるか、ではなく
どんな記事が読者を集められるか、です。

そこが分かれば、アドセンスで稼ぐというのは
何記事書くかではないことが分かるはずです。

稼げないことばかりに目が行きがちですが
たとえ1円でも稼げたとしたら
それはあなたの事業が価値を生んだということ。

そこが理解できれば
稼げない時期の意味が全然違ってきます。

通常どんな企業でもスタートは赤字です。

それを何年もかけて黒字にしていく。

昔私が働いていた企業は
10年かかって黒字達成しました。

それまでは赤字の垂れ流しです。

でもその期間を経て
徐々に利益が上がるようになり
やがて負債を上回るようになる。

それが事業です。

アドセンスの場合
普通の事業のように大きな投資をして
スタートする必要はありません。

金銭的なリスクを負うことなく
稼ぐことが出来る事業なんですよ。

事業ですから
上手く回るようになれば
大きな収益を生むことも可能です。

実際アドセンスで
月に100万円以上稼いでいる人は
たくさんいます。

中には1000万円を超える人も
結構な数存在します。

これ、アドセンスが事業だからですね。

この視点が持てるか持てないかで
アドセンスの見え方がガラッと変わる。

アドセンスは簡単です。
好きなことをブログに書くだけ。

でも事業ですから
稼げるようになるまでは
限りなく稼げません。

たとえ1000円の稼ぎでも
それはあなたが事業主として稼いだ1000円です。
バイトで稼いだ1000円とは意味が違うんです。

ということで今回はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました。

メルマガ誘導バナー案内文

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

  • twitterへのtweet
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

応援のクリックお願いします!

西

サイト管理人

西

還暦を3年後に控え、たいして貯蓄があるわけでもないのに退職金満額支給も棒に振ってサラリーマンをリタイア。・・・って、老後どうすんの?そして年金も65歳ではなく減額されても60歳から貰います。・・・って、ホントに老後どうすんの?大丈夫、それを補って余りある稼ぎ方を知ってるので。

最近の投稿

カテゴリー