アドセンスのリアルを学ぶなら大成功者からじゃなくて初級者からって、マジか?

目安時間 8分
  • twitterへのtweet
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

アドセンスを学ぼうと思ったとき、
あなたはきっと「すごい実績を持つ人がつくった教材」を
選んで学ぼうとしませんか?

自らが実践し、そのノウハウを体系化した教材だから
愚直に実践すれば稼げるようになるに違いない。

誰もがそう思うでしょう。

でもそこには大きな勘違いがある、
ということを今回は説明していきたいと思います。

 

すごい実績を持った人の教材は魅力的

あなたの元にもさまざまな教材を紹介するメルマガが
頻繁に届いていることと思います。

そしてその紹介文を見ると、
「私が3ヶ月で100万円稼いだノウハウです」とか
「5年以上もこのノウハウで稼ぎ続けています」
みたいなうたい文句が並んでいませんか。

え、たったの3ヶ月で100万円?
すげぇな、どんなノウハウなんだろう。

と読み進めて見ると
教材の開発者はそのノウハウで何年も稼ぎ続けている、と。
今では月に何百万円も稼いでいるって、すげぇ人だこの人。

さらに読み進めると、教材の内容が細かく紹介されています。

それを見るととても細かくカリキュラム化されており
しっかりと実践すればこれは間違いなく稼げそうだ、と。

で、教材を買っちゃうわけですよね。

そして教材を実践するんですが・・・
進めていくと細かいところがよく分からない。

あなたにも心当たりがあるかもしれませんが
些細なことでも躓いてしまうとそこで実践が止まってしまいます。

 

素晴らしい教材なのに実践が止まる原因

よくあるのが、
アドセンス登録を図解で解説しているページの図が古く
登録画面が教材と違っている・・・教材通りに進められない!

まあそこは自分なりに解釈して進められる人には
たいして問題ないでしょうが、PCにも慣れていない人だったり
するとにっちもさっちも行かなくなるんです。

一事が万事。

教材の開発者はアドセンスに精通した人です。
だからこそ稼ぐためのノウハウを教材化出来るわけですが
自分が出来ることは他の人も出来る、と考えがちです。

ですから普通に専門用語なんかをなんの説明もなく使う。

そのくらいのことはみんな分かっている
と思い込んで疑わない。

というか、
初心者がそこで躓くということに気付かないんです。

基本的なことまですべてを解説してある教材なんて
ほとんどないのが現状ですから、ある程度は
自分でネット検索したりして調べる努力は必要でしょう。

で、多くの初心者は
教材の最初の方で躓いてしまうと、こう感じてしまいます。

この教材は私には難しすぎるのではないだろうか、と。

教材が教える内容がレベルが高すぎるわけではないんです。

教材開発者と実践者のちょっとしたことに対する意識の違いが
教材を「遠い存在」に感じさせてしまう。

これ、よくあることなんですよ。

その結果、自分にもっと合う教材が他にないだろうかと
他のアドセンス教材を探し始めます。

こうして次から次へと教材を購入してしまう・・・

ノウハウコレクターの誕生ですね。

これ、決して笑えません。
私もノウハウコレクターとして多くの教材を購入しては
もっと良い教材はないかと次々に買い漁ったクチですから。

 

勘違いの根本を知る

こうなってしまう背景にはひとつの勘違いが存在します。

それは、
すごい人が開発した教材なら稼げるに違いない!
という勘違いです。

これ、何が勘違いか分かりますか?

ちょっと考えてみてくださいね。

・・・

はい、答えは
すごい人の教材があなたに合うとは限らないということです。

教材と言うのは開発者自身が実践することで稼げたノウハウを
誰にでも分かりやすく書き直したものです。

ですから個々のノウハウについての説明にしても
自分はこのようにやったら結果が出ました、
というのを教材に書いているわけですね。

教材開発者は大きく稼げるくらいの人ですから
アドセンスにしてみても、その他のツール類にしてみても
普通に使いこなせているため、
使いこなすための細かい説明は案外雑だったりするんですよ。

でも初心者はそこのところをちゃんと知りたいわけですよね?

肝心のところが言葉足らずで説明不足。

これって例えてみれば
ディズニーランドの楽しさや楽しみ方のコツを教えながら
チケットの買い方をちゃんと説明していないようなものです。

これじゃいくらディズニーランドに行って楽しみたくても
中に入る手前で悶々としてしまう・・・

チケットの買い方くらい他でいくらでも調べられるんだから
甘ったれるんじゃないよ、という意見もあるでしょうが、
それが出来ないから躓いているわけですからね。

つまりあなたには、すごい人の教材に手を出す前に
初心者が躓きやすい部分をしっかりと学べる教材が必要なんです。

なかなかないですけどね、そんな教材は。

でも、その辺をクリアできる方法があるんです。
教材としてまとまっているわけではありませんが、
あなたの知りたいことはちゃんと知ることの出来る方法が。

それは、
初級者から学ぶ、という方法です。

 

初級者から学ぶことの意味

初級者とはまさに、
あなたのほんの少し先を走っている人です。

ついこの間まであなたと同じく
稼ぐノウハウの手前で躓いて前に進めなかった人です。

そんな人がどうやって目の前の障害を越えていったのか。
そして乗り越えたらどうなるのか。

あなたがまず知るべきはこっちの情報なんじゃないですか?

初心者の躓きを乗り越える方法は
それを乗り越えたばかりの人の方が
ちゃんと教えることが出来るんですよ。

そしてそこを乗り越えられれば
いよいよすごい人の「稼げる教材」を実践すればいい。

まずは。

すごい人から学ぶのではなく
すごい人になろうとしている人から学ぶ。

そうすれば、
「そこを越えれば収益が上がるようになるのか・・・」

というような、あなたの実践との距離感も見えてきます。
それだけでもあなたにとって貴重な気付きになると思いませんか。

まず最初に学ぶべきは、
あなたよりも少しだけ先を行く人。

ここを勘違いしないようにしましょう。

ということで、今回はこのへんで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

メルマガ誘導バナー案内文

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

  • twitterへのtweet
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

応援のクリックお願いします!

西

サイト管理人

西

還暦を3年後に控え、たいして貯蓄があるわけでもないのに退職金満額支給も棒に振ってサラリーマンをリタイア。・・・って、老後どうすんの?そして年金も65歳ではなく減額されても60歳から貰います。・・・って、ホントに老後どうすんの?大丈夫、それを補って余りある稼ぎ方を知ってるので。

最近の投稿