歌姫

観光

万葉集の歌姫、額田王の歌碑から恋歌の時代背景と心情を探ります

万葉集の歌姫、額田王は恋多き女性として恋する胸の内を表した歌を残しています。天智天皇の妻となり、大津宮で過ごした頃に残した歌が大津京周辺に歌碑として建立されています。歌碑に刻まれた歌から時代背景と額田王の心情を探ってみました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました