木彫の里-上丹生

ここは、霊仙山(1094m)の北の山麓にあり、周囲を山に囲まれた集落です。世帯数は約150軒で内約50軒が木彫関連の世帯です。
江戸時代に始まった木彫は仏壇を中心に、美術工芸品まで多様に生産を続けています。木地師から漆職人まで集まっているのは珍しい状況です。が、ここでも後継者不足で若い人が跡を継がなくなってきています。今回は写真だけですがこれからもう少し掘り下げていこうと思います。

霊仙山と上丹生の集落

霊仙山と上丹生の集落

所在地