朝妻湊跡

朝妻湊は天の川の河口に位置し、古くより交通の要衝として栄えてきた。弥生時代には豪族息長氏が大和・若狭・東海地方の交易の拠点とし、朝廷に対して力を持っていたともされる。以降慶長八年(1603年)に米原湊が開設されるまでにぎわっておりました。

湊の説明朝妻湊の碑
西行の歌 おぼつかないぶきおろしの風先にあさづま舟はあひやしぬらむ現在の様子

場所

詳しい地図で見る